Fitbit Inspire 2
スリムなボディで装着感が気にならないフィットネストラッカー

Fitbit Inspire 2の特徴
Fitbit Inspire 2が日本では2020年10月2日より発売が開始されました。
心拍数の測定から歩数、走行距離の計測が可能という健康に関するものから、スマートフォンの通知を知らせる機能や防水機能を搭載するなどフィットネストラッカーとしての機能はもちろんのこと、その他にもさまざまな機能が搭載されています。
価格は12,400円〜とFitbitが販売するフィットネストラッカーの中でも比較的安価で購入が可能です。
グッドポイント
  • 最大で10日連続使用が可能なロングバッテリーを搭載
  • 睡眠ステージ機能を搭載し睡眠の質や傾向を可視化できる
  • 24時間継続的に心拍数の測定が可能で1日のアクティビティを記録できる
  • スマートフォンの通知が手元で確認が可能でクイック返信機能を搭載
  • 紛失してもどこにあるのかがわかるTileテクノロジーの搭載
ウィークポイント
  • 画面の明るさが暗く、日中の外出時には画面が見えづらい
  • 手洗いなど少しでもFitbit Inspire 2本体が濡れると水泳したことになる
  • 心拍数や歩数の文字表示が小さくて見ずらい
  • 画面の操作性が悪く、反応しないこともしばしばある
Amazon:
12,400円
サイトを見る
公式サイト:
21,470円
サイトを見る
Fitbit Inspire 2のスペック
ディスプレイ 1.4インチ
駆動時間 10日〜
基本計測 歩数、カロリー、移動距離
体調計測 睡眠、ストレス、心拍数、血中酸素、呼吸
追加機能 通知
重量 9g
防水 50m耐水
厚さ 12.9mm
電子マネー なし
ガラス Gorilla Glass
サイズ 37×16.8mm
担当者スペック評価
ユーザー評価
ぜひあなたの評価をおねがいします

※評価は発売時時点での相対的なもの、また個人的な主観を伴うものであり、参考としてのご認識にてご理解ください。表記等に誤りがある場合はご指摘ください。

さまざまなデータを管理し運動時やプライベート問わず24時間活躍するフィットネストラッカー

アメリカの企業でフィットネスに専門知識を持つFitbitが開発し販売するFitbit Inspire 2が日本国内では2020年10月2日より発売が開始されました。

Fitbit Inspire 2はFitbitが発売しているフィットネストラッカーや競合他社のフィットネストラッカーと比較して12,400円〜という安価な価格でありつつ、搭載している機能や性能も負けず劣らずであることから、コストパフォーマンス抜群のフィットネストラッカーです。

最大10日連続使用可能でワークアウト時や就寝時でもバッテリー切れしにくい

Fitbit Inspire 2は10日連続使用が可能なロングバッテリーを搭載しています。スマートウォッチやフィットネストラッカータイプのバッテリーは長くて通常2〜3日程度、長くて6〜7日程度といわれていますが、Fitbit Inspire 2ではそれをも遥かに超える10日連続使用が可能です。また、画面表示設定をオフにするなどの使い方によっては2週間程度持つという口コミも見られました。

また、Fitbit Inspire 2をスマートフォンと連動させておき、Fitbit Inspire 2の本体充電が残りわずかになると、スマートフォンにバッテリー低下アラームがメールにて送られます。そのため、この通知を受け取ってからFitbit Inspire 2を充電器に接続しておくことで、バッテリー切れを気にせず使用することができます

睡眠スコアの可視化で快適な睡眠と目覚めをサポートする

Fitbit Inspire 2は快適な睡眠と目覚めをサポートする機能が搭載されています。

Fitbit Inspire 2が搭載する睡眠に関する機能については下記のとおり。

  • 浅い睡眠
  • 深い睡眠
  • レム睡眠
  • 睡眠時間
  • 睡眠時の心拍数
  • 睡眠による回復

これらの機能をFitbit Inspire 2を装着しながら就寝することで記録しておくことが可能です。

また、上記の計測したデータを基にFitbit Inspire 2が分析し100点満点でスコア化、Fitbitアプリ内で日々のスコアを記録しておくことが可能で、その日の睡眠の質がどうだったのかなどの改善アドバイスも受けることができます

さらに、Fitbit Inspire 2はサイレントアラームも搭載しており、音で知らせる目覚まし時計などを使用せず、Fitbitアプリでアラームを設定しておくと、Fitbit Inspire 2が静かに振動し、穏やかで、より快適な寝起きをサポートします。

一方で、睡眠データがしっかりと計測できていない、よっぽど装着している手首の位置がベストな位置でないと睡眠データの正確性に欠けるという口コミも見られました。

装着しておくことで24時間中の心拍数の測定が可能でアクティビティの記録に役立つ

Fitbit Inspire 2は腕に装着しておくことでバッテリー切れにならない限り、24時間中心拍数の計測が可能です。安静ゾーンや脂肪燃焼ゾーン、有酸素運動ゾーン、ピークゾーンの4段階から分類分けされ、現在の心拍数がどのゾーンにあたるのかを可視化できます。さらに、アプリ上で心拍数を管理でき、各ゾーンが何分間計測したのかを見ることができ、1日の平均と最大の心拍数を確認することも可能です。

また、この心拍数から消費したカロリーも見ることができるため、ダイエットを目指している方にとってありがたい機能であることがわかります。

スマートフォンと連動させることで通知をFitbit Inspire 2上で確認でき、クイック返信が可能

Fitbit Inspire 2はスマートフォンと連動させることでさまざまな通知をFitbit Inspire 2上で確認できます

スマートフォンで受けた着信やカレンダー、テキストメッセージ、LINEなどのさまざまな通知をFitbit Inspire 2で確認できるため、スマートフォンをマナーモードなどに設定していても通知を見逃すことなく確認できるでしょう。

また、Andoroidのスマートフォンのみの機能でクイック返信機能が搭載されており、通知を受け取った際に、スマートフォンを取り出すことなく、Fitbit Inspire 2だけで返信が可能です。

Tileテクノロジー搭載で紛失を防げる

Fitbit Inspire 2はTileテクノロジーを搭載しています。Tileテクノロジーとは忘れ物防止タグとして発売されていたTileの機能をTileアプリで利用ができるというもの。

自宅や外出先でFitbit Inspire 2を紛失してしまった場合でもあらかじめFitbit Inspire 2とスマートフォンをBluetooth接続しておくことでTileアプリからFitbit Inspire 2の位置を把握することが可能です。

さらに、月額360円のTile Premiumに加入することで、外出時にFitbit Inspire 2を忘れたときにスマートフォンで通知してくれるスマートアラームなどといった追加機能も利用することができます

まとめ:Fitbit Inspire 2

Fitbit Inspire 2はフィットネストラッカーとして低価格でありながらも高性能かつさまざまな機能を備える万能型フィットネストラッカーとして位置付けされます。

そのため、低価格で健康に気を遣いたいという方や低価格帯でさまざまな機能を試したいという方にとってはFitbit Inspire 2がおすすめの製品であるといえるでしょう。

担当者:藤井宏太
Amazon:
12,400円
サイトを見る
公式サイト:
21,470円
サイトを見る
ユーザ評価
2件の平均
ユーザ採点
4.5
あなたの評価: 商品をどう思いますか?
評価をスライドしてクリックしてください
1~5を選んで決定
投票ありがとうございました!

この商品をほしいと思いますか?

1件 0件
0 件のコメント
Inline Feedbacks
View all comments

パスワードのリセット

登録済みのメールアドレスかユーザ名を入れてください。パスワードリセットのためのメールをお送りいたします。