Google Pixel 7
ミドルハイクラスのチップ搭載&高性能カメラが10万円を切る価格◎Google最新スマホ

Google Pixel 7の特徴
2021年7月Xperiaシリーズにおいて、ソニーの最新技術と5Gを兼ね備えたXperia 1 IIIが登場しました。256GBと512GBがあり、画面サイズは6.5インチのシネマワイドである一方で、有機ELを搭載しているので、クリアな画面を楽しむことができます。また、最大の特徴であるカメラは、16mm(超広角)の約1220万画素、24mm(広角)の約1220万画素、70mm・105mm(望遠)の約1220万画素と3つ付いており、カメラにこだわりたい人にとっても魅力的な一台です。
グッドポイント
  • AIを活用した高いカメラ性能
  • 10万円を切る価格
  • 人気のフラットディスプレイ
  • 指紋認証性能が格段にアップ
  • 従来モデルより軽量化に成功
ウィークポイント
  • 外部ストレージ非対応
  • 背面カメラユニットの凸は賛否あり
  • 高負荷アプリ使用時は動作性が落ちることも
  • 顔認証はあくまでもサブの性能
Googleストア:
82,500円~
サイトを見る
Softbank:
88,560円~
サイトを見る
au:
87,300円
サイトを見る
Google Pixel 7のスペック
ディスプレイ 6.3インチ OLEDディスプレイ
背面カメラ デュアルカメラ広角/5000万、超広角/1200万
前面カメラ 1080万画素
ベンチマーク 3100〜/マルチコア
バッテリー 4355mAh
重量 197g
ストレージ 128・256GB(外部なし)
防水防塵 IP68
認証 顔、指紋
電子マネー あり
ぜひあなたの評価をおねがいします

※評価は発売時時点での相対的なもの、また個人的な主観を伴うものであり、参考としてのご認識にてご理解ください。ベンチマークは、Geekbench Browserを参考とし、平均値数値を参考としています。

日常使いに満足なバランス型スマートフォン

Google Pixel 7は2022年10月に発売が開始された、Googleの純正スマートフォンです。同時発表された上位機種Proとの2モデル展開となり、本機は価格と性能のバランスが取れた万人向けの仕様になっています。

Googleの公式ストアにて128GBが82,500円256GBが97,900円で購入が可能で、円安の影響なども相まって従来モデルよりも高値の設定。しかし第二世代の最新チップを搭載したことやカメラスペックなどを考慮すると高性能な一台で、価格とのバランスはしかり取れています。

そこで本記事では、過去モデルPixel6から進化した点や、同時発売の上位機種Pixel7 Proとの違いを分かりやすくまとめました。

撮る人を選ばない賢いカメラ性能

Google Pixel 7のカメラは価格以上の高性能であると言われています。背面カメラはデュアルの広角5000万、超広角1200万画素。そして前面カメラは1080万画素と発表されており、Proには劣るともハイスペックなカメラです。

大きなポイントとして、手ブレ補正力の高さが挙げられます。AIを駆使したソフトウェアの働きで、撮影した写真を補正・調整し美しく仕上げてくれるため、撮影するのが苦手な人であっても簡単に綺麗な写真を撮ることができます。

しかし本機では望遠レンズは非搭載のため、撮影は可能ですが画質は荒くなってしまいます。遠方撮影を美しく撮りたい場合には上位モデルのProがおすすめです。

ディスプレイは視認性抜群○従来より軽量化も

Google Pixel 7のディスプレイは6.3インチの有機ELで解像度は2400×1080(FHD+)と、発色の良い鮮やかな点が特徴です。しかし、過去のPixel6は6.4インチであったために今回サイズダウンとなりました。

その分グリップ時のホールド感と本体軽量度は従来モデルよりも高く、日常使いに最適な丁度良いサイズ感となっています。

リフレッシュレートは最大で90Hz駆動で、比較的滑らかな動きを実感できますが、Proの120Hzと比較すると若干落ちる印象に。

外観は従来モデル同様にカメラユニットが帯状に盛り上がったデザインが印象的で、こちらは平らな方が好きユーザーと好みが分かれそうです。ユニットにマットなアルミ素材が使われており、カラーバリエーションも加わって落ち着いた大人っぽい雰囲気を演出してくれます。

今回Proでは丸みのあるラウンドディスプレイが採用されたのに対し、Google Pixel 7はフラットデザインとなりました。フィルムの貼り付けも容易で視認性も高いこのデザインは本機の強みで、Proと差別化されたひとつです。

第二世代の最新チップはユーザーに合わせて学習

プロセッサに第二世代Tensorの「Google Tensor G2」が搭載されたGoogle Pixel 7。これは機械学習処理に重点が置かれたチップで、AIが活用されてユーザーの使用感を学習し、最適化へ導いてくれるというものが大きな特徴。AIの学習を生かした機能の例として、写真の補正やディスプレイの明るさをユーザーの使い方に合わせて調整してくれるなどが挙げられます。

バッテリーの持ちについては4355mAhと上位モデルよりは低い印象。しかしGoogleの発表では24時間超えの駆動が可能であるとされている上に、搭載されたスーパーバッテリーセーバーモードを使用することで最大72時間持つとのこと。これは使用するアプリなどの負荷によって大きく左右される数値ですので、参考程度に考えておくのがベターです。

上位モデル・過去モデルと比較

Google Pixel 7Pixel 7 ProPixel 6
価格82,500円~124,300円~74,800円~
重量197g212g207g
CPUGoogle Tensor G2Google Tensor G2Google Tensor
ディスプレイ6.3インチ 
OLEDディスプレイ
6.7インチ
LTPO OLEDディスプレイ
6.4インチ
OLEDディスプレイ
リフレッシュレート90Hz120Hz90Hz
背面カメラ広角5000万画素
超広角1200万画素
広角5000万画素
超広角1200万画素
望遠4800万画素
広角5000万画素
超広角1200万画素
前面1080万画素1080万画素800万画素
メモリ8GB12GB8GB
バッテリー4355mAh5000mAh4614mAh
認証指紋
指紋
指紋

Google Pixel 7は、ハイドエンドモデルPixel7Proと比較すると、価格相応にスペックは落ちてしまいます。しかしひとつ前のモデルPixel6と並べると平均的に性能は向上しており、中でもカメラ性能に関しては第二世代のチップによる処理能力で、従来モデルよりも美しい撮影が可能となりました。

Pixel6の課題点を改善した形で発表されたGoogle Pixel 7。ハイスペックなProまでの機能はなくとも、日常使いでは十分満足できる一台です。

まとめ:Google Pixel 7

Google Pixel 7の一番の特徴はカメラ性能の高さ。AIによる補正で、誰が撮っても美しい写真に仕上がるとユーザーからも好評で、10万円を切る価格でこのスペックが手に入るのは嬉しい点です。

鮮やかなディスプレイにしっかり長持ちのバッテリーも搭載し、日常でどんどん使えるバランス型スマートフォンといえるでしょう。

上位機種と購入に迷われた場合は特にカメラの性能とディスプレイに注目し、必要な機能を比較して検討することをおすすめします。

担当者:岡田ちえか
Googleストア:
82,500円~
サイトを見る
Softbank:
88,560円~
サイトを見る
au:
87,300円
サイトを見る
ユーザ評価
1件の平均
ユーザ採点
4
あなたの評価: 商品をどう思いますか?
評価をスライドしてクリックしてください
1~5を選んで決定
投票ありがとうございました!

この商品をほしいと思いますか?

0件 0件
0 件のコメント
Inline Feedbacks
View all comments

パスワードのリセット

登録済みのメールアドレスかユーザ名を入れてください。パスワードリセットのためのメールをお送りいたします。