サムソン / Samsungの特徴

世界最大のIT家電メーカーとして業界を牽引する存在

幅広いジャンルの製品と、クオリティの高さが特徴のサムスン製品。

スマートフォン市場では、サムスンのGalaxy シリーズとApple社のiPhoneが2強の時代が長く続いています。

高いカメラ性能と非常に美しいディスプレイを有する「Galaxy」は、現在実質的に世界シェアNo.1を誇るAndroidスマートフォンとなっています。

最上位クラスのSシリーズにはサムスンの技術が結集されており、スマートフォン市場をけん引する存在です。また、Zシリーズは折り畳み式のディスプレイを採用するなど意欲的な製品の開発・製造にも力を入れています。

多くのジャンルからなる複合企業であるサムスンは、スマートフォンなどの電子デバイス部品の内製率が高いことも特徴であり、それがハイクオリティな製品を生み出せる理由でもあります。

また、半導体事業においても世界トップの座に君臨しており、ITデバイス・家電メーカーのトップランナーとして産業をけん引しています。

サムソン / Samsung製品の優位性、個性

幅広い層に対応したラインアップで人気とシェアを獲得

安価なエントリーモデルから、最新の技術を詰め込んだ機種までを幅広く扱うサムスンのデバイス。

スマートフォン市場での圧倒的なシェアは、幅広い層のユーザーにとってそれぞれ最適な機能・価格をラインナップしていることによるところも大きいです。

スマートフォンではシェア2位のApple社は高級路線での戦略で、多くのモデルは発表せず、一部の地域やユーザーには手を出しづらいという事実がありますが、サムスンでは非常に棲み分けされた多くのモデルで、すべてのユーザーニーズに対応していると言えます。

また、各部品の内製品の多さにより、リーズナブルなモデルでも非常にクオリティの高い仕上がりとなっており、多くのユーザーに支持されています。

市場全体を見渡した戦略と、それに対応できる技術・規模感が大きな強みです。

デバイス構成パーツの自社製率が高く、とくに半導体メモリに強み

サムスンはデバイスに用いられるパーツ類の内製率が高いことが大きな強みとなっています。

電子デバイスはハード部品から電子部品まで、非常に多くのパーツから構成されています。サムスンではその中の多くを自社またはサムスングループの製品で構成できることで、自在性によるハイクオリティな製品の製造・販売と高い利益を生み出すことが出来るのです。

スマートフォンでは、カメラのイメージセンサーや有機ELは自社内製品です。メモリ(DRAM)・ストレージ(NAND)に関しても世界最大手であり当然内製品を用いています。

その他、リチウムバッテリーなどもサムスングループの製品を用いているなど、スマートフォンを含めデバイスの多くのパーツを内製で行っています。

とくに半導体メモリ(NAND)はサムスンの大きな強みとなっています。世界中の多くの企業が必要とする製品でもあり、電子デバイスには欠かせない部品であることから、サムスンにとっても最も重要なプロダクトであると言えます。

このように多くの製品に関して、構成パーツからエンドユーザー用の製品までを一気通貫で製造できることがサムスンの優位性です。

サムソン / Samsungの技術

最高性能を詰め込んだスマートフォン「Galaxy Sシリーズ

サムスンのGalaxyフラッグシップモデルはスマートフォン市場において、最高峰の性能を誇る製品となっています。

搭載されている「4NMプロセッサー」はGalaxy史上No.1の性能を誇り、すべてのスマートフォンに搭載されているチップの中でも最高峰の性能となっています。写真撮影では、夜間においても高画質な撮影が可能となり、ゲームプレイにおいてはどのようなタイトルでもスムーズな操作性と画質を実現しています。さらに画面のリフレッシュレートは120Hzで非常に滑らかです。

「Galaxy S22 Ultra」では4眼カメラを搭載し、広角カメラには1億800万画素のイメージセンサーを採用しています。

強みであるディスプレイには最大輝度1750ニトを誇る有機ELを採用しており、日中でもはっきりと画面を見ることが可能なレベルとなっています。

また、これまで「Galaxy Note」に搭載されていたSペンを内蔵したことで、それらの特性や強みを引き継いでいます。

バッテリー性能も追求しており、5000mAhの大容量仕様となっています。 全ての機能が最上級の仕様となり、あらたなステージに上ったといえる「Galaxy」。今後もサムスンの技術の進化に注目です。

折り畳みできるスマートフォン「Zシリーズ」

サムスンの「Galaxy Zシリーズ」は折り畳みが可能なスマートフォンとして人気です。

この技術は、髪の毛以下の薄さを誇る超薄型ガラスによって成り立っています。通常の液晶ディスプレイではなく、サムスンの強みである有機ELディスプレイを採用することで、薄くても品質の高い画面を実現しています。

また、画面を好きな角度で止めることが可能な「フリーストップ構造」に加え、1日に100回の開閉を行っても5年以上は耐えることができる強度も備わっています。

美しいディスプレイが特徴のサムスン「Galaxy」ですが、性能面においても高い技術力を有しています。

ハイクオリティなノイズキャンセリング機能を誇るイヤホン

イヤホンの市場でも存在感を発揮しているサムスンのGalaxyイヤホン。

近年は音質の向上に加えて、ノイズキャンセリング機能にも注目が集まっています。

Galaxyイヤホンにおいても、独自の研究によって高性能なノイズキャンセリング機能を搭載させています。

内部のマイクが外部の騒音をモニタリングし、最大で99%もの騒音を遮断することが可能なアクティブノイズキャンセリング(ANC)を実現しました。この機能は周囲の音の遮断レベルを4段階で調節できるようになっています。

またユーザーの会話を検知して音楽の再生ボリュームを下げ、会話相手の音声を取り込む機能も搭載しています。

Galaxyスマートフォンとの相性の良さも抜群の仕様で、「Dolby Head Tracking」技術によるハイクオリティ360度オーディオでは、頭の向きと音の方向性の組み合わせによってこれまでにない投入感のあるサウンドを実現しています。(Galaxyスマートフォンの対応モデルとの連携が必要)

このように、激戦のイヤホン市場においてもクオリティの高い製品と、Galaxyスマートフォンとの連携技術で人気を獲得しています。

サムソン / Samsungの歴史

家電事業から世界最大のITデバイスメーカーへ

1938年にイ・ビョンチョルによって食料品や衣料品を扱う貿易会社を設立したことがサムスンの起源です。

正式に「サムスン電子工業」となったのは1969年で、それ以降に現在のような白物家電やAV機器の製造販売に着手していきました。

1980年以降からは半導体事業にも参入しました。この事業がサムスン電子を大きく飛躍させていくことにつながります。1992年の「256K DRAM」の開発とヒットにより現在では半導体業界のトップランナー的な存在となっています。

半導体事業での成功で、電気・電子メーカーとして知名度および規模にて世界有数の企業へと成長したサムスンは、携帯電話などのデバイス事業でも大きな成功を収めていきます。

2010年までにはシーメンス社を上回り、売り上げ・シェアで世界一のIT家電企業へと成長しました。

2021年の業績において、半導体事業ではインテルを抑えて世界トップに、スマートフォン事業においても「Galaxy」シリーズの売り上げでApple社のiPhoneを上回り世界トップの座を獲得しています。

半導体の時代と言われる現代において圧倒的な成長力を持つサムスンは、今後もさらに飛躍していくことと思われます。

サムソン / Samsungの概要

会社名:サムスン電子 / Samsung Electronics
本社:韓国
公式サイト:https://www.galaxymobile.jp/
創業:1969年

サムソン / Samsungの製品一覧

パスワードのリセット

登録済みのメールアドレスかユーザ名を入れてください。パスワードリセットのためのメールをお送りいたします。